Banner
ホーム > 展覧会 > 本文

Appleは2020年にノッチを殺すのだろうか? 来年のIPhoneはすべてOLEDディスプレイを中心に再設計されるかもしれない

Mar 21, 2019

Apple OLED


AppleのiPhoneは来年再設計に着手し、 今日の業界情報をひっくり返します、そして彼らはまたCupertinoのチームが2020年にOLEDへの完全な切り替えのためにLCDディスプレイを捨てると主張します。


ディスプレイの対角線は5.8インチ、6.06インチ、および6.4インチのままであることが期待されていますが、フレキシブルOLEDは新しい外観に織り込まれます。 それは、変化が主に根底にあると予想される今年とは対照的です。   iPhone XRの 後継機種はまだLCDスクリーンを搭載していると見込まれており、唯一の実際の設計変更は新しいカメラ構成に由来するかもしれません。

再設計されたiPhone 2020についてのヒントは、Appleが他のもののためにノッチを完全に捨てるかもしれないといううわさをそそる、他の多くの製造業者がトップベゼル突出でデザインを追い始めたことを考える。

Appleは来年までにOLEDディスプレイのサプライヤを多様化させると伝えられており、2020年製の3つのiPhoneすべてにこのようなパネルを使用することを計画している。

最初に並んでいるのは、もちろんSamsungですが、LG DisplayとBOEのChineseも来年のiPhone用のパネルを製造する予定 です。 現在の iPhone XR パネル を提供しているJDIとLGの悔しさにはそれがあります インサイダーはまた、来年高価な5.8インチと6.4インチのiPhoneはパネル自体に統合されたタッチ機能を持っているが、6.1インチモデルは製造がより安価で、より簡単にできる追加のタッチ層を持つOLEDを採用するだろうと主張する。大量のソース。

特定の部品に必要な精度の ために、 Apple iPhone X 用のFace IDモジュールを製造するのに最初の問題を抱えていました 、しかし今これのすべてがその背後にあります、そして

加えて、Appleはすでにそれがノッチなしで行われるかもしれないいくつかの方法で特許を取得した。 1つはディスプレイ自体に穴を含み、もう1つはセンサーエミッタがピクセル同士の間を通過できるようにするための下にあるマトリックスです。 Finisarや他のTrueDepthカメラセンサーサプライヤが全体の設定をさらに小さくすることに成功したならば、それがなぜ「全画面」努力の現状が衝突したので、Appleがさらに画面対比を改善することを決めたのかそのミニマリストデザインの遺産でかなり明らかに。

来年は、ノッチがフレームに収まるように縮小する可能性があり、さらにインディスプレイの指紋スキャナーが追加されて、2020年のiPhoneが究極の「全画面」バイオメトリックマシンになったこともあります。 iPhone XRのLCDからOLEDへの切り替えに関しては、ウォールストリートジャーナルが最近、日本のディスプレイがすでに大きな顧客としてAppleを失うことになる危機管理計画を設定していると報じた。 AppleがLCDスクリーンの注文をやめたときに嵐を乗り切ることを望んで、生産へのいくらかの投資をすくうために新しい投資家を並べることさえした。

あなたが覚えているならば、LCD iPhone XRは確かにOLEDモデルよりはるかに遅く到着しました。 アナリストは正確な推論において異なっていたけれども、この遅れの背後にある原因は "Liquid Retina"ディスプレイの歩留まりの問題でした。 最初、犯人は液晶ディスプレイからノッチのまわりに軽く出血していると釘付けにされたが、それ以降の報告のサプライチェーン筋は別のボトルネックがあると言った。

AppleのPhil Schillerが言った偽の3D Touchは、XRの基調講演の間に本物のものと同じように機能するが、同様に大量のOLED iPhoneに問題なく組み込まれているようだが 現時点では、誰もがXRの遅延の背後にある本当の理由は何だろうと思いますが、柔軟なOLEDにノッチやピアスを実装する方が明らかに簡単です。


Appleは2020年にノッチを消すのだろうか? 来年のiPhoneはすべてOLEDディスプレイを中心に再設計されるかもしれません


Back